古本の買取査定時に必要なこと

必要な本をひきとってくれる古本買取は資源の有効活用であるとともに、私たちのお財布にも嬉しいシステムとなっています。
頻繁に本を購入する人にとって古本買取依頼は慣れた作業かもしれませんが、初めての人にとってはどう準備すべきなのか悩んでしまうかもしれません。より効率よく、できるだけ高額に査定してもらうために準備しておくことはあるでしょうか。
まず古本といえども基本的に綺麗な状態であることが望ましいとされます。日焼けしてしまっている場合などは対処しようがありませんが、今後のことも考えて直射日光のあたらない、暗くて湿度の低いところに保管するような習慣をつけるようにしておくことをおすすめします。時間があるときには一冊ずつ中をぱらぱらと確認して、ゴミや不要物、しおりなどが挟まっていないかどうか確認します。そして表紙のホコリを乾いた布でふき取ってメンテナンスしてあげましょう。この時にぬれた布で拭いてしまうと表紙同士がくっついてしまい破損の可能性が高まりますから決してしてはいけません。もし購入時に本屋さんでサービスとしてつけてくれた紙のブックカバーがついたままであれば、これは外しておくと査定作業がスムーズに進みます。
あとは買取り依頼する本をまとめておきますが、同じタイトルのもの、複数巻があるものはきちんと揃えておくようにしましょう。シリーズ全部がそろっているとまとめて高額で引取ってもらえるケースが高いからです。
あとは古物営業法によって本人確認書類の提出が義務付けられていますので、免許証や健康保険証などを準備しておきましょう。

読み終わった本は古本として買取に出すことがおすすめ

読み終わってしまった本は、飽きてしまって本棚に置いたままにしてしまうものです。もう読まないのであれば、処分をしてしまったほうが部屋がすっきりとします。ゴミとして処分に出すのはもったいないですから、古本屋へ持って行って買取をしてもらうのがおすすめです。

古本であっても、再版がされることがないものに関しては、一部のコレクターからの根強い需要があるために、値段が高くなる傾向があります。自宅の押入れの中に昔の古本が大量にあるならば、もしかすると極めて貴重なものがある可能性があります。価値がありそうな本であっても、うっかりとゴミとして捨ててしまうこともありますから、捨てる前によく考えてみたほうが得になります。

全国のどこにでもある大型の古書店よりも、神田神保町にあるような老舗の古書店のほうがビンテージ物の古本を高く買い取ってくれます。実際にコレクターがよく通うような店であれば、高値の査定額がつく可能性が高くなります。

最近はネットオークションで出品することもできます。また、通販の古本買取業者に依頼をすることもできます。古本を箱詰めにして、宅急便で業者のもとへ送って査定をしてもらう方法です。この方法であれば、重たいものでも手軽に送ることができます。ネット通販の業者の場合は、販売の店舗を持つためのコストがかかっていないことが多いものですから、買取価格も高くなりやすいというメリットがあります。直接に店舗で査定を受ける場合は、交渉ができる店を選ぶようにするのが賢い方法です。

ネットでの古本買取が便利

本は漫画や小説、実用書など実に様々な種類があり、とても楽しめるものですが、本好きの方の場合はいつの間にか増えてしまっているという事も多いものです。
そして、何度も読み返したい本もあれば、一度読んだきりで2度と開かないというものもあるのではないでしょうか。

今後も読む予定のない本であれば、状態の良いうちに買取してもらうのも良いでしょう。

古本の買取方法は様々な方法があり、お店に直接持っていくという方法もあります。
近くにお店がある場合や自動車を持っている場合はそうした方法を選ぶのも良いですが、店舗が遠方となると運び出すのも大変なものがあります。

古本をより効率よく買い取ってもらうのであればネットも活用していきましょう。
この場合は、まずはサイトで申し込みをしておきます。古本をダンボール箱に詰め、業者に送ります。
ダンボール箱を持っていない場合も無料で用意してくれる場合もあります。
それから送るときも宅配業者が自宅まで来てくれますし、送料も無料で利用できることが多くなっています。
そして、商品が到着したら査定が行われ、その結果はメールや電話で知らせてもらえます。
金額に納得がいけば、後日お金を振り込んでもらうことができます。

本はもちろん、CDやDVD、さらにゲームソフトなども買い取ってくれることも多く、そうしたものも一緒に処分したいときも便利なサービスです。

査定に納得が行かない場合は商品も返却してもらうことができます。